FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての田植え

2015.05.18.15:29

引っ越しで使った段ボールで飛行機を作りました。
庭にどかんと置いてやりました☆

11154816_750436491744768_6566799696319998998_o[1]
飛ばないまでも大喜び。

参考にしたのはこちらの絵本→
前日にチビカと一緒に「せっけいず」を描いてから作ったので割とうまくいきました~!


☆ ☆ ☆


さて、こちら、いすみ市の特産物といえば、

「米・梨・伊勢海老」

だそうで、いすみ市のマスコットキャラクター「いすみん」もその3つをしっかり抱え込んでおります↓

この人です!
IP130221TAN000019000[1]
イベントや公民館の標示などにちょいちょい顔を出してきます。
子供たち(チビカ含む)は結構好きみたい…。


特にこのあたりの土壌の質が稲作に適しているとのことで…、

…ていうか、うちの庭の前に拡がってるのは田んぼ、
保育園通う道も田んぼの中、
国道わきは田んぼ、どこへ行くにも田んぼ、
あそこにもここにも、田んぼ、田んぼ、田んぼ、田んぼ、田んぼ…!
田・田・田・田・田・田・田…!
…田んぼばっかりじゃあ
というわけで、必然的に(?)田=稲作に興味が湧いてきた母なのでした…。

☆ ☆ ☆

それで漠然と「田植えというものをやってみたいな…」と思っていましたら、
あるんですね、やはりそういうイベントが…。
ご近所にある「ブラウンズ・フィールド」という素敵なエコヴィレッジで「みんなで田植え」というイベントがある、ということなので、親子で奮って参加してきました!

☆ ☆ ☆

当日はいいお天気で、近所の人から東京近郊からいらした方まで参加者もたくさん。
子供も何組か参加しています。みなさん、田植えに向けて和気あいあいといい雰囲気!
ブラウンズフィールドの広~い田んぼが、縦長にいくつも仕切ってあります。
1人1レーンを担当して、苗を規則的に3~4本ずつ植えながらやっていくのだそうです。

夫には1レーンを1人で担当してもらいましたが、
わたしはチビカと2人一組で1レーンを担当。
さあ、どうなることか…?

麦わら帽子に半ズボン、ラッシュガードを着て、
チビカと手をつなぎ、おたまじゃくしの泳ぐたんぼの中にずぶずぶ…。

☆ ☆ ☆

はい、わたしも母親5年生なので、「最悪の事態」というのはできるかぎり想定しておりました。

例えば…

・泥に足をとられ一歩も動かないチビカ。
・顔から転んで全身泥まみれになって大泣きをするチビカ。
・ずっと抱っこをせがまれ親子もろとも泥に沈没する事態。
・飽きちゃって「帰ろう帰ろう」コールをするチビカ。

 
はい、このうちのどれが起きても何の不思議はないくらいの気持ちで…。

そんなある意味捨て身の覚悟ではじめたのですが…

チビカ 「(ひざ上まで泥につかり動揺している)わわわわわわ…あ、あるけないよ…まま…」
わたし 「大丈夫!ママおててつないでるから、ゆっくり右足、左足順番に動かしてごらん!」
チビカ 「わ~!ぬるぬるしてきもちわるい~!」
わたし 「ぬるぬるしていて気持ちいいんだよっ。ほらっ、ゆっくりでいいから歩いてご覧っ!」
チビカ 「うわ~…、あ、あるけた…」
わたし 「よよよよし!チビカちゃん、稲、植えてみる?できそうだったらでいいよ!」
チビカ 「ううううん、チビカ、やってみたい…、稲ちょうだい…」
わたし 「はいよ!(稲をわたす)ここのところに植えてごらん」
チビカ 「うん、3ぼんか4ほんずつ、うえるんだよね…(←意外と説明聞いてる。転びそうになりながら)あわわわわわ…」

…といった感じで、ヒジョ~に、ヒジョ~に、時間がかかったのですが、
(夫を含む他の大人たちは割とすいすい進んでおる…)
1レーンの半分くらいまでは一緒に植えることができたのです~!

(1レーンの半分くらいで「チビカ、つかれたみたい…」とギブアップ。田んぼからあがって、わたしの作業を大人しく見てました)

☆ ☆ ☆

わたしとしては、「最悪の事態」を想定してただけに、この結果は満足…といいますか、
半分以降は、自分ひとりでせっせと無心に作業も楽しめましたし、
チビカも「おこめできるのたのしみだねぇ…」などと言って
作業の意味も一応わかってるようなので参加して良かったなあと思います…。

多分、1年前だったら、前述した「ヤバイ感じ」に簡単に陥って
親子共々ぐったりして終わり、という感じも十分あり得たと思うのですが、
やはり年中にもなると安定感出てくるもんだなぁと…!
うん、チビカ、成長してる…!


☆ ☆ ☆

終わった後は、一人一品持ちよりのポトラックランチ!
5月の晴天の下、作業を終えての昼食は、なんとも言えず美味しかったです。
(チビカも当然たくさん食べていました)

なんとな~く地味でしんどいイメージがあった農作業でしたが、
人を集めて、こんなに軽やかで明るく楽しいイベントにしてしまうとは…。
いえいえ、もちろん、ここまでのイベントにするにはいろんな苦労があったと思います。
ブラウンズ・フィールドさん、楽しい経験をありがとうございました!

☆ ☆ ☆

そして、家路につき、今日はもうゆっくり過ごそう…と思ってたんですが、
4歳児は全然疲れておらず、「まま、あそびにいこう!」というので
近所の小学校での登り棒・ブランコ練習につきあったのでした。
チビカ4歳8ヶ月、身も心もぐんぐん、大きくなっております☆
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2015.05.21.18:26

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.05.23.00:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 双子ちゃん🎶

2015.05.24.06:48

わーまきさん!コメントありがとうございますっ!
リサちゃん、元気ですか?新しい幼稚園楽しんでる?
ぜひぜひ遊びに来てください~。
海も近いし夏はこのあたり特に楽しいみたいです。
リサちゃんに会えたらあみか、すっごく喜ぶと思う。
(新しい保育園も楽しんでるけど、時々小鳩もなつかしんでるので…)
ヨガもやろうね~!



> あみちゃん、お久しぶりです。
> 小鳩の自称双子ちゃんリサの母ですよー
> あみちゃんに会いたいと言われて覗いて見ました。
> タヌキって!!田植えって!!
> 興奮してしまいました。田舎暮らし羨ましいなー
> 早速旦那に夏にいすみ市へ行く事を提案してみた母でした。
> あみちゃんまたリサと遊んでね。
> 明子さん、その時には母にもヨガを教えてくださいね。

Re: 田んぼ

2015.05.24.06:55

確かに水の上に浮かんでるような気持ちになることありますね。
水にうつる山や夕焼けも美しくて、
絵本「よあけ」の湖みたいだな、と思います。
田んぼに集まるオタマジャクシやカエル、ザリガニや白鷺、鴨などの
動物たちをながめるのも日々の楽しみです~。



> 田植えはしたことないですが、子どもの頃田んぼはたくさんありました。
> 水をはったばかりの田んぼのそばに立って、風が吹いているとき、
> その水面をみていると、自分が船に乗って水の上を進んでいる気分になり
> とても楽しかったのを思い出します(^_^)
プロフィール

山猫アキコ

Author:山猫アキコ
1974年10月生まれ。
千葉県いすみ市在住。
5歳の女の子のお母さん。
20~30代、小劇場で俳優業。35歳で出産。IYC認定ハタヨガインストラクター。


山猫チビカ 
2010年8月生まれ。
ヤマネコ家の長女。
いすみの食べ物が美味しくてさらに食べるようになりました。ますます大きくなる子。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。